麺屋はじめ@那須烏山市 とり檸檬 とり塩

DSC05884.jpg
麺屋はじめに来てみました。

とり出汁の時ですね。


いつもの如く
カウンターへ
DSC05890.jpg


メニュー
DSC05886.jpg
まだ塩系を食べてませんでした。



とり檸檬
DSC05892.jpg
ネーミングの通りのヴィジュアルですね。


DSC05895.jpg
とり正油と違い全面にくる鶏風味は無いですね~
違う香味油なのでしょうかね?
麺屋はじめさんにしては、かなりあっさりと上品な味わい。
そしてレモンが溶けだし酸味を帯び、さっぱりとしてきます。
この辺は想定してる通りですね。



麺は加水率低めの中細ストレート
DSC05896.jpg
このやや灰分高めの麺はあの時の麺。
もしかするとデフォルトの細麺はこれになったのかな?
いずれにせよ絶妙の弾力で個人的には前の麺より好みです。



完食!
DSC05899_20170402100550a19.jpg
ご馳走様でした!



そして次の日。










時間帯をずらした昼に訪問。
DSC05902.jpg



DSC05901_201704021005535cd.jpg


とり塩
DSC05906.jpg
トッピングは前のとほぼ同じです。



DSC05907.jpg
スープは当然鶏だしなのでしょうけど、それだけじゃないように感じるスープ。
塩ダレがかなり上品かつ品のある甘みがありますね。貝類なども使ってそうな印象です。




麺は手もみをチョイス
DSC05912_201704021006007f9.jpg
程よい弾力の手もみ麺で麺の旨さが引き立ちます。


完食!
DSC05914.jpg
ご馳走様でした!


とり塩の方は鶏油の違いが大きく、鶏感はあまり感じない上品なラーメンで差別化が測られたような気がします。
やはり一人ラーメン博物館の異名を持ってますから、各メニューが別物に仕上がってるのも魅力の一つかと思います。
今後も継続して麺屋はじめらしい一杯を期待してます。


DSC05915_20170402100605ddf.jpg




関連ランキング:ラーメン | 大金駅


関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術