らぁ麺屋 飯田商店@湯河原 わんたん入り醤油らぁ麺

IMG_1370.jpg
お盆休みを利用して飯田商店に行ってみました。

この時
朝9:00です・・



整理券詳細
IMG_1371.jpg
整理券制度のラーメン屋さんは個人的には初。
10:50分に整理券を回収し
そのまま並ぶシステムです。


行列回避をする為の手段なのですが
これがなかなか家族には分かって貰えない・・・
IMG_1369.jpg
存続のためマナーは守って頂きたい・・
自分も子連れなので冷や汗・・


今でこそ自分はラーメンクソマニア的な感じになってるので
何とかなるが
数年前じゃ家族に理解して貰う事は出来なかったな・・

メニュー
IMG_1368.jpg
このように最近では1000円超えは珍しくないのだが
やはり家族に分かって貰えない・・汗

何で?

ラーメンの為に?


とりあえず食べてから判断して貰えないか?
と諭します・・笑


駐車場は6台分
DSC01758_20160815201548bf3.jpg
いくらあっても足りないでしょうね・・



IMG_1373.jpg
大体1時間で約20人ぐらい
整理券をもらいに来る人が居るのかな?

店舗の座席数が20席とすれば
間違いなく2巡目ですね。

でもマシな方だと思います。


もちろん約2時間もボーとさせる訳にもいかないので計画通り。
DSC017381.jpg
万葉公園にでも・・

子連れでも飽きずに何とかなるか~







戻って

10:50分には回収し並びはじめました。
DSC01759_20160815202938491.jpg
2巡目で入店。

待ち30分ぐらいで済んだので
良かった。


ちなみに
整理券が無い人は普通に並びますが
10:50分からは整理券を持つ人が先で
持たない人は、道路を挟んだ反対側に並ぶ事になり
恐らく結構待つようになるかと・・


店内
DSC01767_20160815202818584.jpg
中は外観からは予想できない程の奥行きがあり
和を基調とした綺麗な店内。
リニューアルしたようでこのような感じになったみたいです。
店員さんも女将のような格好で好感が持てます。


テーブル席も今は追加され子連れも入りやすい。
このようにビシッと揃って
DSC01763.jpg
ただならぬ雰囲気を感じ取り
流石に家族もこれは・・・と思い始める。

でもDSで台無し・・笑


DSC01761_20160815202939c93.jpg
この前のコラボ。


奥の製麺室
DSC01809_2016081520413080e.jpg
かなり広い空間。
左上に故佐野実氏の写真が飾ってあります。

そして化粧室もかなり豪華で
ビックリした・・汗


拘り
DSC01764_201608152028152f4.jpg

DSC01765.jpg


かなり前置きが長くなったが


まずは連れの
お子様らぁ麺(塩)
DSC01770.jpg
お子様といえど恐らくデフォの塩と同じと思われる。



連れの塩らぁ麺
DSC01769_2016081520454851b.jpg
鶏オンリースープ。
塩分濃度は低めの鶏出汁を味わう一杯。
塩タレもじんわりとしみいる旨さ。
麺は細ストレートです。



つけ麺(濃厚鰹昆布出汁がけ)
DSC01777.jpg


食べ方指南
DSC01762_2016081520535630b.jpg
勿論、連れはいちいち読んでねぇ・・汗


DSC01772_20160815205357d53.jpg


DSC01773_20160815204957614.jpg
とろとろしたの鰹昆布出汁に浸った麺。
平ぎみの麺で滑らかさがあります。
これがつけ汁に付けると
粘りのある昆布出汁を纏って変化のある味になります。


つけ汁。
DSC01776.jpg
醤油感が強めのつけ汁。
連れは醤油の味しかしない・・って言ってましたが
そう言われるのは、自分的には想定内です・・汗
勿論しっかり鶏出汁が出てます・・笑

でも初めての味とは言ってました・・




自分の
わんたん入り醤油らぁ麺
DSC01784.jpg
もう2度と来れないかも
知れないので奮発しました!

DSC01785.jpg
ネギを使わずに
みつば、穂先メンマ、チャーシュー、わんたん。
わんたんは片方黒い!


DSC01788.jpg
鶏油が多め
比内地鶏、名古屋コーチン、山水地鶏のスープのようです。
圧倒的な鶏風味は来ないが
鶏油が上品でクドサは全くない。
7種の生醤油とありましたが、やや醤油は立たせてあり
スープの口当たりが柔らかい。鶏油もありますが
硬度が無い純水を上手く使ってるからでしょうか?



中加水中細ストレート
DSC01799_20160815210557201.jpg
麺はしなやかさがあり柔らかいと感じる人も居そうな麺。
やや平ぎみの麺でロックンロール&佐野実氏イズムを感じる。
清湯には相性の良い麺だと思います。


チャーシュー
DSC01801.jpg
さがみ豚モモとロース。
連れの鶏チャーシューも食べさせて貰ったが
どれも秀逸なチャーシューでメニューにより味付けを変える拘り。


ワンタン
DSC01803_20160815210600d90.jpg
ワンタンにしては
やや厚めの皮でしっかりと包まれて
中の肉がしっかりとした味になってました。


DSC01806_20160815210601d28.jpg
そしてもう片方の竹炭でしょうか?
漆黒のワンタンでやや甘みを感じます。
中の具はしっかりと・・
使う個所は違えど
この手法、あの時の経験してる。


完食!
DSC01808.jpg
ご馳走様でした!


流石は整理券があるほどの名店。
細かいひとつひとつの完成度が素晴らしい。
全てにおいて妥協なし。
都内からも遠く、立地等もあり
相当訪問しにくい名店と思います。
来れただけで自分は幸せかもですね。

DSC01810_20160815212629f21.jpg



関連ランキング:ラーメン | 湯河原駅


関連記事