天下一品風こってり

前回、鶏白湯のスープが採れたので作ってみる事にした。
仕込みの様子は
こちら

鶏白湯と言えば全国的に皆が
ご存知の天下一品ですよね。

なので天下一品風にしてみます・・・
無理やり・・・
IMG_1665.jpg
前回作った鶏白湯スープ。


これに醤油タレはこの時のタレを使った。
こちら
戻し汁
ヒゲタ本膳醤油(濃口醤油)
三河しろたまり(白醤油)
三河みりん
スルメ
天外天塩
貝柱スープ
三温糖


じゃがいもと挽肉ガラペースト
IMG_1648.jpg
濃度を見ながら適量加える。
入れ過ぎるとボテッとしてしまう上に鶏感が減少してイマイチになる。


化調はどうするか迷ったが、
強烈な旨味を出すためあえて化調することにした。
天下一品らしくなればいいかなと・・


ちなみに自分宅にある化調。
IMG_1267.jpg
この手については色々賛否両論があり、何とも言えない部分ですが、
未だにきちんと解明されてないので、仕方がない・・
化学調味料、うまみ調味料と言い方が2種類ある。


味の素
最もポピュラーなうまみ調味料ですね。
結構弱めな印象ですが、弱いが故に使う量が多くなってしまう傾向もある。
グルタミン酸を補う目的で使用する。
一応、うまみ調味料の安全範囲は1日2gぐらいと何処かで聞いた様な気もする。

ハイミー
味の素の製品ですが旨味成分は味の素より強い。
グルタミン酸意外にイノシン酸、グアニル酸も含まれていると言われている。
なので少量で済むというメリットもある。
入れ過ぎるとクドクなる。

いの一番
キリン協和フーズ製。
名前からしてイノシン酸が多いような印象を受ける。
ハイミーに近い存在だと思われる。

貝柱スープ
干し貝柱が高価である為
自分はこれを使うことがある。
グルタミン酸以外に遊離アミノ酸やイノシン酸などが含まれるようです。
よく分からないのが本音。

ウエィパー(味覇)
かなり強い化調で半練タイプになってます。
小さじ一杯で激変する旨味成分です。
鶏やら野菜やらいろんなエキスが濃縮されてます。
自分は自作最初に使って以来
全く使ってないです・・
他の料理に使ったことがありましたが、入れ過ぎると喉の奥が熱くなるほどの強烈さがあります。
もちろん喉が渇きまくるのは言うまでもない・・・
何となく使用したくなくなります・・・多分処分することになるかと・・

上記以外にも、もちろん世の中には色々あり
最近は無添加など調味料も増えてきました。
厳密にはどうなのか現時点では分かりませんが、
できれば誰だって使わずに済むに越したことはありません。

ただ旨味の相乗効果でやはり旨いと思えるのも事実で癖になる旨さ。
ハンバーガーやスナック菓子などが好まれるのは周知の事実。
ラーメンもやはりそうなんですよね・・・

長くなりましたが
どうせならバランスよく化調。
味の素0.5
ハイミー0.5
いの一番0.5
で作りました。


天下一品風こってり
IMG_1677.jpg
あくまで風ですよ・・・
ネギが違うし、チャーシューは小さすぎて細かくするしかなかったです。
スーパーででかいブロックがなかったんです。

ただし味は

旨!

ってかありえない旨さだ・・・

無化調で十分だったかも知れません。

それに臭みが少なく結構上品な感じが・・・
天下一品らしさが半減・・


麺はこの時の
こちら
IMG_1680.jpg
思いっきり影になってますが・・・
もちもちする感じはありますが、やはり弾力不足です。
麺もまだまだ試行錯誤続きそうです。
天下一品の麺はこんなに太くないでしょう・・・

あくまで風ですからね?

次はいよいよ
メインの清湯かな?


更新の励みになります。
良かったらクリックを↓

ラーメン ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

関連記事