進化系佐野らーめん@自作ラーメン レシピ&作り方

DSC00513_2016050620513006c.jpg

暫くぶりの自作ラーメンです。


自分の自作ラーメンも早5年。

5年もやってると
いろんな事がありますね~


って事で今後も見据え
誰かに食べて頂く時
どれで勝負するのか?

当方、栃木なのでやはり佐野らーめんのイメージが強いんですよね・・

不思議なことに
色々なラーメンを作っても
固定で何回も作ってる訳じゃないのに
勝負の一杯ってのは決まってくるんですよね~


なので
進化系佐野らーめん行きます!





今回は原価算出しません。
なぜなら原価割れするからです・・笑

だって仕入れから値段不透明なんですもん・・

丸鶏
IMG_0995_20160506205825995.jpg
那須御用鶏

IMG_0997.jpg
比内地鶏と出汁を採る。

うーむ・・
比内地鶏特有の風味がスポイルされてる気がする・・

さらに鶏油がオレンジ色の濃い色してますね。


げんこつ
IMG_0996_2016050620582727f.jpg
別鍋で同時進行。

鶏油のみを採る為に別にしました。


IMG_0998.jpg


IMG_0999_20160506205831c48.jpg
鶏油を採ったら合わせます。


IMG_1004.jpg
香味野菜をぶっこみます。
根生姜と玉ねぎ。
生姜多め。


そしてもう片方は魚貝系スープ。
IMG_1005.jpg
今が旬なのであさりが安いですね。
使わない手はない。


IMG_1007_20160506210613956.jpg
純水を使用して、出汁を採ります。
Wスープみたいなモンです。


チャーシュー
IMG_1001.jpg

IMG_1003.jpg
醤油麹で漬け込みパックし
低温で仕上げました。


鶏油は意外と風味が出なかったので
玉ねぎとニンニクで香味を付けてみました。


IMG_1008_20160506211212dde.jpg
醤油タレの醤油は
この前買ってきた日本一醤油の生揚げです。
その時の記事→岡直三郎商店

塩ダレとの合わせにしましたが
今までタレのレシピは惜しみなく公開してきましたが
今回のタレは苦労して生み出したタレなので非公開で・・・汗

進化系なのでキレを重視したかったんです。

キレと余韻を出すための
最終的に
決め手になる食材に行きつきました。
それは意外な材料でした・・・

とはいってもまだまだなんですがね・・汗



IMG_1014.jpg
手打ち風だけどね。
これをミックスさせて不均等っぽくします。

あの時の失敗を教訓に
前のはわざと
不均等にする為に切刃を変えて打ったのは良いが・・
ゆでると硬い所と柔い所が出てしまうのが難点だった・・・
あれを何とかするには茹でる時に時間差を使うしかない。
やろうと思えば出来ますが、
実戦経験の少ない自分は、実際そんな事してられない。

なので今度は
打ち方を変え、均一時間の茹で加減で
逝けるように合わせと切刃を変えてみました。


これは通販用にしましたよ~
IMG_1017.jpg
梱包に手間がかかるし、冷凍保存するので
自分的にはスープの風味やチャーシューが犠牲になると思ってますが
自作ってこうする以外
食べて貰う機会なんかあまりないんですよね~



進化系佐野らーめん
DSC00512_201605062130116bc.jpg
見た目
普通の佐野らーめんですが・・・


DSC00518_20160506213013a05.jpg


DSC00520_201605062130145c1.jpg
自分的には進化させたつもり・・・
佐野で無化調スープはあまりないですしね・・

ってか既にラーメン好きな方は知ってますが
佐野は著しく進化してますがね・・笑


今回
食べて頂いた方
どうも有難うございました!


作った結果やはり
思ったように逝かない所も出ましたが
結果はどうであれ
それが今の自分・・・

まだまだ勉強致します・・m(_ _)m

関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術