日本一醤油 岡直三郎商店@群馬みどり市大間々

DSC00146.jpg

日本一醤油 岡直三郎商店へ行ってみました。
ちなみに
おかなおさぶろうと読むようです。


前に入手した
生揚げ醤油をリピートしたいのですが
ネットだとクール便になるんですよね・・・


それに百聞は一見に如かず


一度
醤油蔵を見て置きたいと思いまして

たまに自分がほざく
旨みの向こう側の一つなんです。
自分の中で今の所5つあるんですけどね・・

まあ、それはいいや


有形文化財
DSC00125.jpg


DSC00127.jpg
自分は何回かにほんいち醤油は使ってますからね・・


DSC00128.jpg
見覚えがある商品もあれば最近は醤油以外も生産されているようです。


岡直三郎商店では仕込み蔵の見学も出来るんです。
DSC00126.jpg


初めてですが行っちゃいましょう!






DSC00140_20160502234343014.jpg
規模は大手の醤油メーカーのようには大きくないです。

醤油醸造業を営んだのは天明7年(1787)からのようで220年以上の歴史があり
今も昔ながらの木製大桶に仕込み
蔵で1年余りの歳月をかけ、じっくりと醗酵熟成させる
天然醸造醤油づくりにこだわっているんです。



ちなみに衛生上
ビニールキャップとビニール靴を着用します。


中に入ると醤油の香り
嗅いだことがある匂い~(〃▽〃)
DSC00130.jpg
かなり大きな木桶が並んでます。


DSC00129.jpg
デッカイね~
目一杯で桶7000L入るようです。

搾るとかなり減るとは思いますが・・

温度はやや
ひやっとする16度ぐらいになってました。
蔵は壁が分厚く気温の変化は少ない。
真夏でも30度以上になるのは見た事ないそうな・・



上に登ります。
DSC00133_20160502235104660.jpg
この蔵は16桶があり、このように並んでました。


DSC00131.jpg
梁を見ると分かりますが麹菌が付いています。
これがにほんいち醤油の独自の菌という事になります。
これにより、ここでしか作れないにほんいち醤油の味になるんでしょうね。



桶の中
DSC00132.jpg
これは仕込んだばかりの桶です。
まだ大豆の粒が残ってます。


DSC00134.jpg
4か月でこうなるようです。
味噌のようですね。


DSC00136.jpg
分からなくならないように
仕込んだ日と種類が書いてあります。


DSC00138.jpg
さらに進んだ状態。

この後、絞って火入れするんでしょうね。

搾ったカスはどうなるのか?
と思ったらカスは牛の餌になるようです。
牛は塩分を欲するんですよね。


基本的に発酵は20度以上の時にするらしく
天然醸造で仕込むので、醗酵、熟成の工程を自然の気候と四季の気温の変化に委ねるしかない。
なので秋から冬の間に仕込みを行い、夏の高温期を経て充分に時間をかけて旨みを作り出すんですね。
DSC00139.jpg
大手メーカーのように人工的に温度管理すればもっと早く作れるのでしょうけど
昔ながらの伝統製法を行っています。
なので、その期間は1年以上を費やします。
この麹菌やこの製法じゃないと
この独自の風味や味は出せないのかも知れませんね。



ちなみにこの桶達の寿命は約150年だそうです。

今現在100年経っているようです。
あと50年後どうなるのか?

桶を変えたら味は?風味は?
費用は?どうやって変える?
維持するのか?
おそらく大変な事になるでしょうね。
菌を操作するのは難しいでしょうし・・(^^;;



DSC00135.jpg

やはり気になるのは生揚げ醤油ですが風味は
少々バラツキが出るようで
勿論このバラつきは毎日使ってるような人じゃないと分からない。
厳密には個々に違うんでしょうね。
もちろん一定の基準があり検査してるんでしょうけど・・
なので他メーカーなどはブレンドしたりするようですが岡直三郎商店はしないそうです。
窒素なども封入したりするのですが、やはりそれらも一切しない。
本当に絞ったままの生のしょうゆが生揚げ醤油なんですよね。

サーと来てしまいましたが
一応説明しておきます。
生醤油(キジョウユ)  生醤油(ナマショウユ)  生揚げ醤油(キアゲショウユ)
↑この3つ違います。


↓参考→http://www.s-shoyu.com/know/kh/021.html
DSC00210.jpg
簡単に言うと
生醤油(キジョウユ)→出汁のなどの別の添加物がない醤油が位置付けられる。
生醤油(ナマショウユ)→火入れはしてないけど独自の濾過をして酵母菌を取り除いている。
生揚げ醤油(キアゲショウユ)→火入れも濾過もしてない絞ったままの醤油。菌が生きてる。
↑自分もこの前まで良く分かりませんでした・・(・Д・)ノ


よくスーパーで
生って書いて売ってるのは上の2つ。
何となく大手メーカーの都合で規格が決まったような気もするが・・汗


見学は蔵までで搾る工程やビン詰めなどは
一般人は見学できませんでした。
DSC00141.jpg
なのでムービーで・・


生揚げの話を結構していたので
ラーメン屋さん?と言われたので・・・
とりあえずラーメンマニアです!と答えて置きました・・笑


良い経験になりました!
このような伝統的な製法の蔵元は減少しているが
やはり無くしてはならない物だと思いました。


醤油ソフト!
DSC00142.jpg
ほんのり醤油味。
美味!


勿論
最後に生揚げ醤油を購入しましたよ!
クーラーボックス持参で・・笑
DSC00208.jpg


DSC00144_2016050301132257d.jpg



関連ランキング:アイスクリーム | 大間々駅赤城駅



  


関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術