牛骨らぁ麺マタドールの再現に挑戦@自作ラーメン レシピ&作り方

DSC08350.jpg
前に北千住のマタドールに行って食べて旨かったので
再現しようと目論んでました。


訪問記事は↓
マタドール@北千住



冬になると牛肉の相場が下がってくる気がする・・
今がチャンス!


って事で今回は牛骨ラーメンマタドールの
贅沢焼牛らぁめんっぽいのを自作したいと思います。



文字通りかなり贅沢な一杯になり
原価も最近では最高金額となりました。。汗



注:お店の作り方ではなくアレンジして
家庭用に考えた作り方になります。


それでは作り方。






牛骨ラーメン 6人分
材料名
●動物系スープ 使用する量(g)
1 水 2500
2 牛コツ 1200
3 牛アキレス 312
4 牛スネ肉 249
5 鶏首ガラ 300
6 タマネギ 150
7 リンゴ 90
8 ネギの青葉 50
9 生米 15
10 ブロッコリーの茎 40

●魚介系スープ
11 純水 1500
12 エソ煮干 50
13 青口煮干 50
14 本枯節厚削り 30
15 根昆布 25

●ローストビーフ 360
16 シーソルト 1
17 ブラックペッパー 1

●香味油
18 掬った牛脂 150
19 タマネギ 25
20 ニンニク 25
21 しょうが 10
22 タカのつめ 0.5

●醤油タレ
23 にほんいち醤油一番搾り 120
24 ヒガシマル薄口醤油 120
25 本みりん 30
26 赤ワイン 30
27 酢 20
28 レモン汁 20
30 甜菜糖 10
31 アサリ粉末 5
32 しいたけ粉末 1
33 根昆布粉末 1

●多加水中細ストレート麺
34 はるゆたかブレンド 250
35 白椿 250
36 グルテン粉 80
37 タピオカ粉 70
38 塩 5
39 ジェファー液 2
40 蒙古王かんすい 6

●トッピング
41 ローストビーフ 360
42 ネギ 120
43 タマネギ 120
44 メンマ 120
45 牛筋すじと牛アキレスの煮物



まずローストビーフから


今回の牛モモ肉
IMG_0112_20151220195452748.jpg
かなり安く入手しました。
100g157円なのでもちろんオーストラリア産です。
一般人なのでこんなもんです・・汗
最低金額で100g98円っての見たことあるけどお目に掛かれない・・


IMG_0114.jpg
塩とブラックペッパーを振って
ラップして冷蔵庫で一日寝かせました。

IMG_0121_20151220195901f3d.jpg
表面を炙って


炊飯器で低温調理にしました。
IMG_0128.jpg
温度計で65度にしたら
材料を居れ蓋をして電源オフ
4時間。

その後、冷蔵庫で寝かせます。




●動物系スープ(牛骨スープ)
IMG_0117.jpg
これらの材料も密かにスーパーに
買い物に行った序に集めて置きました。



個人的初めての材料
牛アキレス
IMG_0119.jpg
ラーメンの材料としては高いです・・
ですがこれはコラーゲンの塊
最終的にトッピングになります。



牛骨を下茹でして灰汁を出します。
IMG_0118_2015122020025961f.jpg



全部水を取り替え
IMG_0120.jpg
牛骨と牛アキレスを投入し
圧力鍋で1時間。


1時間後
IMG_0122_201512202003047ba.jpg
こんな感じになります。


その後
IMG_0124_20151220200901f1e.jpg
鶏首ガラと牛スジを投入します。
この辺りはどっちかと言うと肉系のダシですね。



さらに2時間30分後
IMG_0127_201512202010171bb.jpg
一旦濾します。


容器に一旦入れて荒熱を取り
冷蔵庫で寝かせて就寝しました。
IMG_0131_20151220201258c68.jpg
このように牛骨は脂が半端ないんですよね・・・
これは経験済みなのでこの方法を取らせて頂きました。


翌日
IMG_0135_201512202013008c2.jpg
このように冷えて上層に脂が固まっております。


これをスプーンで綺麗に搔き出して
IMG_0138_20151220201630d6e.jpg
香味油を作ります。
マタドールでは掬った脂は使わず新たにフレッシュな脂を使うみたいですが
あくまで自分は家庭。
使わない訳には行かない!
それに結構綺麗な脂なんですよ~



脂が足りない時はよくスーパーで無料で置いてある
牛脂で良いと思います。
その場合、純度が高いのがあるので発火注意です。
自分燃えてびっくりした事があります。。
IMG_0145.jpg
ゆっくりと香りを移します。


完成です。
IMG_0147_20151220202013113.jpg
140g



同時進行ですが
動物系スープに魚介系を合わせていきます。
IMG_0141_20151220202220686.jpg
魚介系スープは純水で一晩水出しを行っております。
香味野菜と共にあわせていきます。


マタドールは牛がメインと思われがちですが
実に様々な材料を使って旨味や甘みを出していくのがポイント。


2時間で完成。
IMG_0149_2015122020280966b.jpg
冷やしたらまた表層の脂を取ります。


そして牛スジと牛アキレスは捨てずにトッピングにします。
IMG_0132_201512202035446c8.jpg


IMG_0151_20151220203106e6c.jpg
この煮込み時間でも固めのプルンプルンになってました。
なので強制的にブレンダーで粉々にして醤油とみりんで味付けを施す。

ちなみにコンビーフのような味になりました・・笑



醤油タレ
マタドールは
ちば醤油を使ってるみたいですが
無いのでにほんいち醤油でやることにします。
各色々な材料を投入して
やや甘めのタレにします。
酸味のレモンや酢なども品のある甘さに効果があると思われます。
IMG_0153.jpg
さらに魚介だしなども使うみたいですが
自分的に経験上スープがかなり力が入ってるので
そこまで必要ないと判断。


●製麺
IMG_0134_20151220202806dc1.jpg
製麺は
この記事を参考に↓
あの麺を目指して!


自分的には薄力粉をブレンドしたかったのですが・・
在庫が無かった・・・
なのである材料で
IMG_0133_20151220203105f77.jpg
はるゆたか
白椿
グルテン粉
タピオカ粉

蒙古王かんすい
ボーメ約4


IMG_0143_201512202040087c1.jpg
1.5㎜×1.5㎜にしました。


仕込みは完了



調理です。

ローストビーフ
IMG_0157.jpg


盛り付け
IMG_0156.jpg
牛スジとネギ、メンマを載せてから


ローストビーフを盛り付ける


贅沢牛らぁめん
DSC08351.jpg



DSC08357.jpg
香味油の香りと牛の旨味と複層的な旨味のスープになりました。
さすがに相当旨いですね。


DSC08362.jpg
麺は柔らかな感じでありがらコシは保っている麺になりましたが
マタドールとは随分離れましたね・・
この辺は好みで合わせてイイかもね。


ローストビーフ
DSC08361.jpg
やや噛み切れない歯ごたえになりました。
薄くスライス出来た所は良いんですけどね・・


総評
・さすがに原価が高いのと材料の種類の多さ・・汗
 だけあってかなりの旨いスープになりました。
 しかも、牛ラーメン自体があまり食べた事が無い人が多いので
 これは自作レパートリーのレギュラー決定ですね。
・麺は薄力粉を使うか、または低アミロースのあやひかり辺りを使ってみたい。
 後で入手してみます。
・ローストビーフは材料の差はどうしようもないが
 もっと柔らかく作ってみたいので、もうちょっと考える必要がありそうです。
・昔は牛骨はあまり上手く行かないことが多かったが
 もう苦手意識は無くなった。
 今後、積極的に使って行くかも知れないです。


今回の材料
無題
関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術