丸玉大勝軒 大田原店@無添加の大勝軒

DSC07487.jpg
自分のラーメン食べ歩きもコレクター体質の為、なかなか未訪問の店も少なくなってきました。
ならば北を攻めます。
あの金○○を・・


その北じゃねぇし!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

おまえじゃ返り打ちだよ!Σ(゚д゚|||)





県北は意外と自分がまだ知らない店が眠ってるような・・
自分が求めている無化調の店もあるような・・

と言う事で大田原へ。
大田原は盛りが多いところが多いのも魅力ですね。

この店もその一つ。

まるたま大勝軒大田原店です。

全く気が付きませんでしたが、いつの間に出来てたんですね。

東池袋大勝軒のような直系ではないですが、無添加を掲げています。
既に方向性が違います・・東池袋大勝軒は化調がウリですから・・汗


山岸氏無き今
現在
大勝軒は守る会?とのれん店で熾烈な確執が生まれてるようですが
こちとら田舎の為、そんな話題持ってくる人は皆無。
自分も良く分からん。
ちなみに大勝軒って商標登録してないようなので今後も余計分かりにくくなるような・・
山岸さんって儲ける気になればもっと大儲け出来た人ですよね~
ですがそんなキャラじゃ恐らく誰も慕わなかったかも知れません。

気にせず入りましょう。


ハイ
いきなり
券売機です。
DSC07489.jpg
つけ麺がデフォですが、あえてラーメンをポチっと・・


DSC07494.jpg
店内は広く
2つ分かれたカウンターとテーブル、小上がりとあるので家族でも問題なさそうです。


DSC07491.jpg


DSC07492.jpg
ボリュームがあるので腹ペコにはもってこいですね。
面白いのはしゃぶしゃぶがある処。
つけ麺用の汁で食べるのは旨そうですね~


拘り
DSC07507_2015102721305347e.jpg
特許のセラミック保温食器に始まり
スープは無添加調味料で仕上げた完全無化調。


今ピンと来た人

無化調と無添加・・
どちらも化学調味料は使ってません・・

言葉って曖昧ですよね~

個人的推測ですが
無添加を謳う場合。
たんぱく加水分解物や酵母エキス○○エキスなどが大概使われているイメージ。
チェーン展開店に多いような?

完全無化調を謳う場合。
それらすら使ってない。
醤油などに含まれるアミノ酸等も注意して使い分けているイメージ。

この店の場合
どうなんでしょうね。


正直な所
完全無化調ってかなり面倒なんですよ・・
意図せぬ所で入ってる場合もあるし、無化調と謳ってあれ?
なんて事も・・なのであえて謳わない所もあるようですから~
しかも、安価な調味料には殆ど入ってる・・
入ってないのは高い!これが原価に響く。

昔、醤油タレに化調使ってスープには使ってないので
無化調スープですってマジで言ってる店があったのも事実のようですが。。笑

これ以上は長くなるので辞めます。



卓上
DSC07493.jpg
各種調味料と割りスープのかつおダシも完備。


それでは着丼
ラーメン
DSC07495.jpg
うほお!
大勝軒のイメージとは違う洒落たドンブリ!


DSC07496.jpg
トッピングは最低限。


DSC07498.jpg
ナルトを乗せていない・・
ナルトってほぼ添加物が使われているから使ってないのかな?
だとするとマジで使い分けているのか?


さあ
スープを頂きましょう。
DSC07499.jpg
また大勝軒のイメージとは違うと言うようですが
動物系のパワフルなスープでありながらそして比較的優しい味わい。
魚介は殆ど感じない。
チリチリと感じるカエシの強さと
やや酸味と辛味により物足りなさは無いスープ。
パワフルなスープじゃなければ成立しない旨さですね。

自分的イメージは青葉を優しくした感じ


自家製麺
DSC07506.jpg
中太麺をチョイス。
DSC07504.jpg
もちもち感のある麺で食べ応えのある麺です。
こちらも問題なく旨いですね。


チャーシュー
DSC07502.jpg
チャーシューはバラ
柔らかく程よい味付けでした。


完食!
DSC07508.jpg
ご馳走様でした。

最後に残った微粒な骨カスがガチでスープを採ってるんだろうなぁ
と思わせます。

直系とは違う無添加がウリなので
イメージとは違いますが、無化調派なので

DSC07509.jpg

基本、無化調は加点します。

丸玉 大勝軒 大田原店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 大田原市その他



関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術