KEY

KEY

-
DSC06873.jpg
この外観でピンと来た方も居るのでは?


元ゼンジー南京の所に
いつの間にか
麺’s cafe 将がオープンしたようです。

と言うより独立したのかも知れませんが・・


入り口のメニュー
DSC06833.jpg
色々とありますが、ラーメンが650なのが500円で提供してるようで
今時珍しいですね。

500円なのは土日月木曜日と書いてあります。
良く考えてみると火曜日が定休なので
水金曜だけ650円って事ですね・・笑

なので日曜日の500円狙いで来てみました。




やっぱりそうか!(♯`∧´)



スポンサーリンク

店内
DSC06837.jpg
JAZZが流れる店内。
ゼンジーの時と変わってないですね。

ってかゼンジーは写真撮影禁止だったんですよね・・汗


なんと畳の部屋にテーブル席がありました。
DSC06843.jpg
なのでこちらに座らせて頂きました。



隣の和室にはギターが飾ってあります。
DSC06839.jpg
隣にカラオケらしき物が見えるのは気のせいか?


和洋折衷
DSC06840.jpg



メニュー
DSC06835.jpg
豊富なメニューとセットも充実。


ドリンクメニュー
DSC06845.jpg
cafeでもあるんですよね。
もしかすると今座ってる所が
cafeコーナーだったのかも知れない・・


ラーメン
DSC06850.jpg
過度なトッピングの無い王道のヴィジュアル。

DSC06861.jpg
動物系と和風系のバランスの優れた味わい。



多加水中細平ちぢれ麺
DSC06855.jpg

DSC06853.jpg

チャーシュー
DSC06867.jpg
バラの煮豚で柔らかいです。

全てにおいて無難な普通の醤油ラーメン。
でも500円なら良しでしょう。


連れのつけ麺
DSC06856.jpg


DSC06863.jpg
麺はラーメンと同じに思います。


つけ汁
DSC06864.jpg
つけ汁普通に見えますが
何気にコレ!
ガーリックパンチが半端ないっす!

インパクトがありますね。

トッピングが寂しいように見えるかもしれませんが・・

安心してください!


沈んでますよ!
DSC06865.jpg


半チャーハン
DSC06858.jpg
これも200円とかなりお得。

DSC06872.jpg
少々ショッパかったけど普通に頂けました。

ご馳走様でした!

ゼンジー南京の時とあまり差は無いかもしれませんが
リーズナブルになったのは一つの魅力かも知れません。

DSC06875.jpg

麺’s cafe 将

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:つけ麺 | 氏家


関連記事