めん処 楽楽@大田原 隠れ家的雰囲気で頂く至極の一杯

DSC06917.jpg
一体何処なんでしょう?
ここは?

前から気になっていた大田原の楽楽に行って見ました。
大田原と言ってもほぼ黒羽よりなので、黒羽と思った方が良いでしょう。
ここに隠れ家的なラーメン屋があるようで・・
まだ食べログにも出てないので知名度はまだ無いと思われます。


ところでコレなんすか?
DSC06953.jpg
猛犬に・・・多分注意が消えている・・・

どういうこと?
よく分からんが・・ここが入り口。


実は前に一回来てるんですけどね。
DSC06919.jpg
その時は貸切で入れなかったんです。
扉は開いてませんでしたので、営業中は扉が開いてるのが合図なのかも・・



入ってみると
DSC06951.jpg
どこが入り口なのか暖簾すらない・・
でもアサヒスーパードライの看板が見える・・


ん?
DSC06920.jpg
おおう
右に見えるのが猛犬か?

と思った瞬間犬が吠え出しました!


まあ
自分は、犬は嫌いじゃないので何ともないけどね・・

といいつつ入り口写真ブレテマシタ・・笑
なのでカットです。


どうやらこの犬が吠えるのも店主にお客が来た
合図になってるのかも知れないですね。

おかげで中から店主さんらしき声が聞こえてきました。

なので早速入店してみましょう。










中は靴を脱いで上がるようで
もはや他人の家です・・汗
DSC06948.jpg
中は広く座敷になってました。


と思ったら
DSC06930.jpg
カウンターもありました。


DSC06927.jpg
ラーメンのみに絞ったメニュー潔いですね。

店主さんは何となく定年後にラーメンを始めたような雰囲気。

自分も定年したらこうなりたい気持ちが
少しあるけどそればかりは分からんね・・



テレビが見えるテーブルに座らせて頂きました。
DSC06923.jpg
テーブルが奥にもあるので結構入れますね。
ちなみに今田さん
何言ってるのわかんないっす・・


卓上メニュー
DSC06922.jpg
とりあえずラーメン注文。


DSC06931.jpg


ちなみに水はセルフになってるようです。
DSC06928.jpg
特に書いてないけど横に置いてあります。


縁側
DSC06929.jpg
庭園が眺められるようですね。


DSC06950.jpg
まさに隠れ家
良い雰囲気ですね。




さて
程なくしてラーメン到着!
DSC06933.jpg
とってもシンプルな中華そば的ヴィジュアル。
チャーシュー、ほうれん草、ナルト、ネギがトッピングされてます。


そして
その瞬間
DSC06934.jpg
食欲をそそるプワァーと風味が漂います。
これもう美味いの確定っすよ!


DSC06936.jpg
表層にやや脂があり
鶏ベースと魚介っぽいですねぇ



DSC06938.jpg
うほお!
あっさりとしたスープで飲み口よく
鶏ガラベースの魚介は煮干っぽいがアジやアゴなどの特殊な煮干と思われます。
表層の脂もこのスープに丁度良い塩梅であり
それらの調和が素晴らしく、完璧と言っても過言ではない。
もうレンゲで飲む度に美味い!


中細ちぢれ麺
DSC06940.jpg

DSC06939.jpg
ややラーショを彷彿する麺ですが、これも相性よく
茹で加減も良いので美味いです。



豚バラチャーシュー
DSC06943.jpg
このチャーシュー絶品。
やや焦げ目が付いたチャーシューで柔らかく
そして香ばしさも持ちあわせており、味付けもGOOD!


完食!
DSC06947.jpg
ご馳走様でした!


いやあ~
この隠れ家的雰囲気からの
スープ、麺、チャーシューと全てのバランスが素晴らしく驚きました!
一体この店主は何者?

チャーシューメン食いてぇ!

DSC06952.jpg

駐車場有
DSC06954.jpg

めん処 楽楽

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:ラーメン | 大田原市その他


関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術