春木屋 郡山分店@郡山

DSC05008.jpg
前から気になっていた春木屋に行って見ました。

ご存知とは思いますが
本店は荻窪でラーメンブームを作った代表店として有名です。

春木屋理論なんか自分はとても好きですね。
要約すると
『いつも美味しいと言われるには、同じ味を継続していては
お客の舌が慣れてくるため味が落ちたと思われてしまう。・・・
なのでベースは変えず時代に伴い少しずつ変化させてこそ
いつも美味しいと言われる。』
ってことかな?

確かにそうなんです。
食は時代と共に進化してますから・・

春木屋のような名店がこの考え方ですから
これからの新規店は名店にまでのし上がるのに
どれだけの苦労が待っているのでしょうか?


なぜか色々語りそうになりましたが、長くなるので辞めときます。
まあ、只のラーメン好きの一人ですから・・





早速入店します。

お客さん満員で一つだけ空いていたカウンターに案内。

メニュー
DSC05000.jpg


中華そば
DSC05002.jpg
カウンターの目の前で作ってるので丸見えでしたが、寸胴からスープを数回少しずつ時間を掛けて掬って注いでました。
何か意味あるのか?
と思ったが、底の方と上面の方と掬って寸胴内を安定させてるのか?


DSC05003.jpg
動物系と煮干が効いた結構オイリーなスープ。
強い出汁感ではあるが魚介が突出することなく
どっちかというと脂で抑えられてバランスを保ってる印象。
イメージでは魚介がもっとガツンと来るのかと思ってました・・汗

そしてスープの底と上部温度差が結構凄い。
始めはぬるいと思ったら、後半めちゃ熱い。
もしかして狙ってる?
だから少しずつ掬ってたの?
良く分かりませんが、食べる方はあまり伝わらない部分ではあります。


中太ちぢれ麺
DSC05004.jpg

DSC05006.jpg
あまり類を見ない食感。
加水率は低めらしいですが、ややソフトな噛み心地ながら
ふわっとした、やや軽めで密度は低いような印象。
圧延を少なくしてるのか?


チャーシュー
DSC05007.jpg
大判のロースの煮豚。
食べ応えがあります。

ご馳走様でした。


思ってたイメージとは少々違いましたが、春木屋がどんなラーメンなのか
分かっただけでも良かったです。

DSC05011_2015072722381131b.jpg

春木屋 郡山分店

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 郡山駅

関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術