喜乃壺 (きのこ)@つくば市

DSC04805.jpg
久々に激戦区のつくばに来てみました。
もちろんイチカワ狙いだったのですが、改装で休業・・

何処へ行こうか考えた末・・

12:00からオープンとやや遅めのこの店
喜乃壺 (きのこ)に来てみました。

なんでも喜元門さんのお弟子さんのようで・・
期待が高まります。


この通り行列が出来ており、やや早めに開店しました。


IMG_8749.jpg
煮干と鶏。
喜元門にもあった真空蕎麦などがあるようです。

チャーシューは喜元門さんと同じく4種類。
煮豚バラ、炭焼き、直火焼き、低温調理から選び。

麺も選ぶ事になります。

IMG_8750.jpg
券売機で購入した後、店員さんがチャーシューや麺の太さなどを聞いてきます。
単独だから良いけど、家族連れで来た時などは選ぶのが大変ですね。

注、喜元門が、まだ小美玉市に本店があった頃経験してます・・汗


煮干蕎麦(醤油)注文。
DSC04800.jpg
あっさり系で勝負してるんですね。

ネギと小口ねぎ、メンマ、チャーシュー、海苔のシンプルなスタイル。


DSC04801.jpg
香り高い煮干の際立つスープ。
もちろんエグミなどは感じない。
かえしはやや主張を弱くし、煮干を立たせてる感じで
脂が多少あるので、ラーメンとしては成立してる気がします。


DSC04802.jpg
麺は加水率がやや低めの細ストレート麺。

DSC04803.jpg
歯ごたえの良い麺です。


チャーシューは炭焼きをチョイス。
4時間かけてじっくり焼くようです。
DSC04804.jpg
イメージとは裏腹に火が通り過ぎないよう低温で仕上げたと思われます。
低温調理と食感はほぼ同じですね。

メンマは甘めの味付けでした。

ご馳走様でした。

さすがは人気店と言った所でしょうか・・・

敢えて言うならば
此処まで煮干で逝くなら、煮干しオンリースープで勝負しても良いんじゃ?
とは思いました・・

他のメニューを食べてみないとまだ何とも言えないです。

DSC04807.jpg

喜乃壺

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 荒川沖駅ひたち野うしく駅


関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術