ヒゲタ本膳

IMG_0219.jpg
最近、暑くてどうも食欲が落ちてきた・・・







と言って見たいMen's keyです。

食欲は相変わらず変化なく自作ラーメンに励みます。



ところでヒゲタ醤油をご存知でしょうか?
IMG_0219.jpg
これは随分前ですが、何も知らずにスーパーに売っていたので買って見た醤油です。

ヒゲタ本膳

実は何気に有名な醤油で、日経新聞のランキングで1位を獲得していたのだ。
ちなみに自分は勿体なくてケチって使っていた為、未だに少し残ってます。

詳細
ヒゲタ醤油株式会社(ヒゲタしょうゆ)は、東京都中央区に本社を置く醤油などの調味料メーカー。かつては「銚子醤油」という社名。社名は、田の四隅にヒゲがついたようなトレードマークに由来する。工場や営業などの拠点は千葉県銚子市にある。

企業キャッチコピーは「江戸の味を伝えて4世紀」。

この本膳は
当社とは長年の取引先である東京・築地の料亭「つきぢ田村」の創業者・田村平治の勧めで作られた高級割烹醤油で、当社を代表する製品のひとつ。日経PLUS1(日本経済新聞)「何でもランキング」お気に入りの醤油ランキング1位。ちなみに一時期、東洋水産のプレミアムカップラーメン『マルちゃん 匠(たくみ) 醤油味』のスープの材料の一部にこの商品が使用されていた。
ようです。
ウィキペディアより・・・

そうだったのか、随分複雑な味だと思っていたが、こんなに凄い醤油でしたか・・・

ってことで煮干しラーメンを作ってみる
IMG_0941.jpg
魚出汁。
煮干しと昆布を1日つけておきました。
あえて頭とはらわたは採らず、少々エグイ感じを目指します。

タレにも煮干しを1日つけておきました。
醤油はヒゲタ本膳
みりん、酒、白だし、かつお節、砂糖で作りましたが、これだけ高級なら何もしない方が良かったか?
とりあえず沸騰寸前で、止めて出汁を採りました。

味見をするとなかなかエグイくていい感じ。

スープも煮干しで出汁を採り
自家製ネギ油を垂らし
最後に煮干し魚粉を少々混ぜて完成。
IMG_0942.jpg
トッピングがネギしか無いのは見逃して・・・


スープを頂く
IMG_0946.jpg
思ったよりも上品なスープ。
もっとガツンとエグミが来るのかと思いましたが・・
この程度じゃこんな感じのようです。
これはこれで悪くはない。
タレはスープと合わせると分からなくなりますが、子供達も美味いと言っているのでOKだと思う・・・

麺は残りの低加水細ストレート
IMG_0944.jpg
こちらも麺が美味いと子供達も喜んでいる。
前回で確認済みなので想定内でしょう。


やはり煮干しは結構難しい・・・
煮干し感がガツンとくる個性のある一杯にするには
多分香味油を改良しないと駄目そう。

あとはやはり煮干しを多くする事。
単調にしない為に煮干しも数種類、もしくは他の節系も合わせる事が必要かも知れない。

気が向いたらまたチャレンジしてみます。


そして
もう一品。
油そば!
IMG_0949.jpg
暑い時はこっち系を考案してしまいます。
今度のタレは前回よりも美味い!
やっぱヒゲタ本膳のおかげ?
豚バラは見逃して・・・

麺はハルユタカブレンドの多加水。
やっぱうめぇ~


ついでに
IMG_0950.jpg
チャーシュー丼
タレははちみつを使い
甘めに仕上げてます。
なかなか好評。


総評
はるゆたかを使ってるせいで麺が美味いのは分かるが、
スープがついて来れてない。
醤油に拘ってみるか~

またふと思うが
はるゆたかを超す小麦に出会うのだろうか?
あるかも知れない!

てなわけで、今、気になっている小麦を揚げておく

スーパーはるゆたか←小売している店発見!

オーストラリア産 プライムハード←とうとう小売している店を発見!

二郎で有名な、オーション←小売している店発見!

特ナンバーワン←小売している店発見!

日清製粉 傾奇者←小売店発見できず!
↑悔しい・・・
補足。傾奇者とはあの有名な浅草開化楼、負死鳥カラス氏が日清と共同で手掛けた小麦なのです。
そうこの小麦はあの有名な六厘舎と同じ小麦のようです。
これは入手してみたいに決まってる!
でも25㎏売りなんだよね~
多分、自分宅じゃ虫が湧いてしまうがな!


そんなこんなで
なんだよ!
麺だけでもまだまだ続くじゃねーか!


あっ
タレも拘って行きますよ!

まあ、地道にやっていきます。
自作ですから時間に縛られてはいないですからね・・・


応援して頂ける方クリック↓

ラーメン ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術

コメント

非公開コメント