二代目 村岡屋@宇都宮 プレオープン

村岡屋さんの2号店が宇都宮東地域にオープンしました。

まだプレオープンとの事ですが、やはり宇都宮東地域は行きやすいので
つい寄ってしまった・・(笑)
DSC02126.jpg
あれ?
???
あっさり?


その時の記事↓


二代目村岡屋@宇都宮 鐺山町(こてやま)
DSC02145.jpg
麺やこじまさん跡にオープンしました。
広い駐車場があるので行列必死でしょう。



2014.6.7
プレオープン
DSC02118.jpg
う~ん
最近新店オープンしたらすぐ行くようになってしまった・・


DSC02143_20140607230605276.jpg
自分ラヲタじゃないと思ってたが、微妙にラヲタなのかも・・
否定はしないさぁ~(^_^.)

今さらかも知れないですが
宇都宮東地区芳賀含む。
県東方面は激戦地域となりました!


早速入店。
DSC02122.jpg
当然、混んでます。

カウンター11席 
4人掛けテーブル×4席
6人掛けテーブル×1

奥の座敷は潔く取っ払った模様。
奥にも壁面にカウンターが6席あります。



メニュー
DSC02120.jpg
おっと
淡麗がありますねぇ~
やはり時代はあっさりに移行してますね。


つけ麺は半量もあるようです。
DSC02121.jpg
半量は煮玉子orメンマをサービス。
子供などはこれがおすすめかも知れません。


淡麗地鶏醤油
特製中華そば
DSC02124.jpg

DSC02126.jpg
特製なので味玉とチャーシューが3枚になります。
他にネギ、メンマ、海苔とオーソドックスなスタイル。


まずはスープから
DSC02127.jpg
淡麗地鶏とあるのでもちろん鶏主体なのでしょうけど
自分的には豚主体に思える印象のスープ。
醤油の角は無く、さらりとしてますが
動物系のコクを感じ味わい深いスープになってます。
表層がラードなのと、チャーシューにより
余計に豚主体に感じるのかも知れません。



多加水中太ストレート麺(中細とも言うかも)
DSC02128.jpg
噛み心地はソフトな印象なのですが
コシが無い訳では無く、最後まで伸びずに食べられる麺。
この麺非常に食べやすい。
自分は好きだなぁ~


チャーシュー
DSC02134_20140607232837f98.jpg
このように食べ応えのありそうなチャーシュー3枚。
モモ2枚、バラ1枚
煮豚で比較的無難な印象。

メンマ
DSC02138_201406072328409dc.jpg

味玉
DSC02137.jpg


連れの
つけめん半量
DSC02131.jpg
半量なのでさすがに少なく見えますね。


多加水太麺
DSC02132.jpg
やや粒粉が見えるような?


汁へIN!
DSC02133_20140607233610ff4.jpg
こちらも中華そばと食感的には似ており
ソフトな噛み応え。
本店は極太で噛み応えのある印象だったので
方向性変えてきてるかな?
↑注:本店は暫く逝ってないので最近は分からないが。。

といえども自分は最近は強靭なコシよりもこっち派なんです・・汗

つけ汁は濃厚な豚骨スープ。
辛み、酸味、甘みのバランスが良く
自分的には辛みが強いかな?
本店よりも魚介パンチは少なくなってるかな?


小豚飯
DSC02136_20140607234521318.jpg
これも旨いっす。
ですが、バラなので結構胃袋にきますね。


完食
DSC02140_2014060723504071f.jpg
ご馳走さまでした。



DSC02141_201406072352432f3.jpg
帰りには既に行列。


DSC02144_2014060722512647d.jpg


DSC02142_20140607225123294.jpg


二代目 村岡屋

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ラーメン | 宇都宮市その他




関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術