手打ラーメン登竜 本店 さくら市(氏家)

もう十数年以上前

自分がまだ若かりし頃

まだ
今ほどラーメン屋さんが激化してなかった時代。

今ほどキチガイじみてなくとも
その頃からラーメンが好きだった自分が良く通った店。


登竜 氏家本店 さくら市
IMG_0172.jpg
あの頃とはレイアウトが変わり
今は支店もある。

夜遅くまでやってるのも嬉しかった記憶。

あの頃は、どさん娘やめん太郎、くるまやぐらいしか行く所が
無かったが、この登竜は別格扱いだった。


昔を思い出すが、店舗のレイアウトが変わったので
あまり思い出せない・・汗
IMG_0181.jpg
奥には広い座敷もあり
ゆっくり飲む事も出来ます。



メニュー
IMG_0176.jpg    IMG_0175.jpg    IMG_0178_20130906231423537.jpg
メニューが豊富で定食系なども充実しております。

なので今回は定食メニュー

注文します。


その前にチビッコのチャーハン。
IMG_0183.jpg
肉と玉ねぎ刻みが入りウマそうだなぁ


そして自分は
肉野菜炒め定食
IMG_0185_2013090623174956d.jpg
若かりし頃はこの定食メニューを食べても満腹に
ならず・・さらにマック!なんて言ってた記憶・・(汗)


ですが、写真じゃ分かりにくいかもしれませんが・・
IMG_0186_20130906231750535.jpg
量多いですから~


これラーメンですけど~
IMG_0187_20130906233615820.jpg
味噌汁代わりですから~

もう、なんつうの?
店員まで今、汁持ってきますって感じで
もはや汁って読んじゃってますからね(^_^.)

昔と変わらないこの自家製手もみ麺
IMG_0203.jpg
完全手打ちではないとおもわれますが
あの頃は自家製麺は皆
こんな感じの麺なんだと思ってたぐらい。


だが珍しく本題はこちらにある
IMG_0192_20130906233617348.jpg
この野菜炒め量多いんですよ!
もう運ばれてきた時にヤバって思うぐらい。


もうね・・
この炒め過ぎてもなく
炒め足りない訳でもなく最高の状態。
IMG_0216.jpg
これをご飯と食べれば


もう・・


なにも言えねぇ~



もち
ご飯だって多いですよ!



そしてぇ~!

IMG_0218_20130906235216ac7.jpg
この何処からともなく溶けだしてきたこの旨味汁。


これをご飯に掛けてかっ込めば


もう・・


なにも言えねぇ~


あえて言うならば!

もう

スーパーウルトラスペシウム

ご飯が進む君な訳ですよ!





神はこんなの頼んでました。
IMG_0179_201309062314242a7.jpg
節一ぶしいち


おお?
IMG_0193_20130906233618bcd.jpg
土鍋に汁?


IMG_0195.jpg
固形燃料でいつまでも熱々!

ちなみに自分は猫舌だが、神は豚なので熱くないと気が済まないらしい。

なのになぜか

つけ麺を頼むんですよ・・


でもこうなれば!
IMG_0201_20130907000334fbf.jpg
神絶賛!


餃子だってねぇ
IMG_0197_201309062336216a5.jpg
IMG_0212.jpg
美味いんだから~


そして
完食!
IMG_0220_201309070006054fb.jpg
かなりの満足感!
久々だ。
一瞬、残すかと思うたわw


正直、人生の最後に
この野菜炒めか
超行列店のラーメン
どっちかしか食べれないとしたら


登竜の野菜炒め定食を食べるかも知れない・・


やはり
若かりし頃にやみつきだった店は
現在でも旨かった。




登竜 (トウリュウ)さくら市 (氏家)

IMG_0180_20130906231744439.jpg

栃木県さくら市氏家1890-2

TEL・028-682-9915

営業時間
11:00~00:00

定休日
無休

席数
120席



関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術