PH測定器が・・・強アルカリ

かんすい水溶液を作ろうと思い。

PH値を替えて麺の強さを研究しようとしてたのだが・・
こちら↓
PH測定記事

PH測定器
IMG_3698.jpg
こんな感じで計ってるんですが・・


ポチャン!



アカン!

池ポチャや!




使って見るが・・
IMG_4178.jpg
おかしな測定しかも変動しない・・
逝ってしまったようです。

しかも、乾燥させてみたが直らず・・

電池交換してもダメ・・


まあ、安物なので仕方ない。
中国製だし
ってか中国語読めないし・・


でも水質を計る測定器が水に弱いってのは納得いかねー!

分解したらダイレクトで電池や基盤に水が入ってしまう設計でした。
まあ、これも授業料。
まだ対して使ってなかったのに。。


そこで
自分は考えた!



ペーハー(PH)を測定するなら

ペーパー(紙)が良いに決まってる!




シーーーーーーーーン



ならば次は!
IMG_4274.jpg
試験紙!
これなら壊れる心配なし!
っていうか使い捨て!


うっ
また
字が読めない・・

大丈夫か?


なかはブックレットっぽくなっていて
コンパクト
IMG_4273.jpg
ですが・・・



早速使って見た!
右に写ってるのがアルカリ性(かんすい)の水溶液に浸した試験紙
IMG_4276.jpg
ぶっちゃけ
アルカリ性である事は分かるが・・



11以上が分からねーーーー!


自分は11以上が測定したいのよ!



うう・・
だからアナログは曖昧だから嫌なんですよぉ・・



という事で
PH値での麺の探究はあっさりと終わりを告げた・・・




安物買いの銭失い・・

これが私の定めなのか・・






とりあえずPH値は分からない
IMG_3697.jpg
出来たかんすい水溶液は
冷蔵庫に入れなければならない為(夏の場合)

インクが無くなったマジックで

飲む・・死と
何とかギリギリ書いておいた。


これで誤飲する事は無いだろう・・・多分・・(汗)


関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術