希釈かんすいを作る 探究日記

最近まで使っていた希釈かん水のボーメ6.3が切れたので
新たに測定も兼ねて希釈かんすいを作ろうと思う。

途中から見た人は何が何だか分からないと思うので、カテゴリにかんすいを追加したので
そちらから見て下さい。




蒙古王かんすいを使います。
詳細http://yapparimengasuki.blog.fc2.com/blog-entry-172.html
IMG_0087_20130412200527.jpg
蒙古王かんすいは使って見た結果、舐めらかさ、臭いなど素晴らしい効果が
自分的にはありました。
暫く、滑らかさメインの麺を作ろうと思います。


天然かんすいなので天然水を使う。
ってスーパーのアルプス天然水ですよ・・
IMG_4020.jpg
今回の配合
水 780g
蒙古王かんすい20g
でやります。
ボーメ約4度を狙います。


粉末かんすいがアバウトになってしまうので
こんな感じでデジタルスプーン量りを購入。
IMG_4022.jpg
0.1g単位まで計れます。
20.0ジャスト!
でも水の方が779gになっとるやん..

相変わらず溶けにくいので温めます。
IMG_4023.jpg
良くかき混ぜて、透明になるまで待つ


透明になったので
IMG_4024.jpg
ペットボトルに入れてガシャ×2させて透明になるまで待ち
計測してみます。


PAL-96S
濃度計
IMG_4026.jpg
ボーメ
4.5度となりました。


そして
次の日
ペットボトルをガシャガシャさせて
IMG_4072.jpg
測定すると
4.3度となりました。


前回の結果から察するに

つまりyoshiさんの作成した
エクセルファイルは大体合っているという事になりますね。

前回の結果はこちら

yoshiさんの記事はこちら
ダウンロードできます。


もうひとつ
検証
この時の記事http://yapparimengasuki.blog.fc2.com/blog-entry-190.html
IMG_3806.jpg
蒙古王かんすいボーメ6.3で作った麺。
黄色いですが卵などは使ってないです。
小麦粉とかんすいのみの色です。

そこで蒙古王がかなり黄色くさせる力があるのか?
と思いましたが・・・


今まで使っていた壮龍かんすい35度
IMG_4091.jpg
このかんすいではボーメ6度で何回も作ってるつもりだったのですが・・


yoshiさん作成のかんすい自動計算
無題
これでやってた訳なのですが・・
水89g+35度かんすい11g=100g

測定すると
IMG_4093.jpg
4.6度でした・・
まあ、かんすいの種類も違うし、メーカーの表示が違うのか?
分からんが・・あくまで参考です。


つまり前回黄色になったのは
単に今までのボーメが低いだけだった模様・・


ボーメ4.6と6の差は色では結構変わるという事は言えるかも知れない。


次回は
理想の細麺を目指してシリーズ②です。

関連記事
栃木 ラーメン 自作ラーメン 技術