ラーメンの塩分濃度を計算してみる。

さて前回の続きですが、

前回、レードルを購入したのでレードルを使ってブレないタレとスープの分量を
考えましたが、計算が面倒臭かった・・(爆)

そこで

無題3
こんな感じの計算表を作ったのです。


あとは、これがある程度正しいかどうかを自分の舌で確かめます。
注:計算の時点で完全ではないのは分かっています・・(笑)


まあ、でもその前に製麺でもしましょうか?
IMG_2883.jpg
加水率30%の低加水を作ろうとしましたが・・
残念ながら失敗気味なので
詳細はいいでしょう・・

水回し
IMG_2885.jpg
ジップロックしてバラがけ
IMG_2887.jpg
寝かせた
IMG_2891.jpg
IMG_2893.jpg
乾燥した。。(汗)
IMG_2896.jpg
纏まらねぇ~
IMG_2899.jpg
途中で細麺を諦め、そのまま小野式でカット。
ざらざらですね~


スープはこの時に作った豚骨スープ↓
     詳細は→こちら
納得の出来じゃないスープだったので何となく


試しに味覚をを頼りに継ぎ足しスープで豚骨醤油
IMG_0086.jpg
IMG_0093.jpg
IMG_0098.jpg
味はそれなり・・
何かが足りない・・


話が逸れてるぞ!



なのでここから本題の塩分濃度の検証。


話を元に戻します・・・

それでは!
無題3

この計算表を元にタレを作成します。
IMG_2935.jpg
濃口12gの薄口13g=25g
ぶっちゃけタレと言うよりはただの醤油です・・(爆)

まあ、検証ですから余計な物入れると計算が外れていく一方ですからね・・・(汗)


スープはこの時の豚骨スープ
ようはさっきと同じ↓
     詳細は→こちら
厳密には昆布で出汁を採っていますし豚自体も塩分0ではないので、
このスープにも僅かに塩分がある可能性有。
でもその辺は無視します・・・


今回作ったのはつけ麺です。

この麺はつけ麺向きなので

計算表にあるように
タレを25gスープを275g計300gつけ麺スープ。
そして計算上、つけ麺スープ約1.29%の塩分濃度になったはず・・


豚骨魚介低加水つけめん
IMG_0239_20130303174641.jpg
チャーシューを全部食ってしまったので盛り付けなし。
新しいドンブリが個人的にお気に入り!
値段は安かったけど・・


低加水麺
IMG_0262_20130303174642.jpg
乾燥していた麺も茹でてしまえばあまり気にならず・・
このタイプの麺はあまり食べれないと思います。
まあ、つけ麺は多加水が主流なので違和感があるかも・・


そして問題のスープ。

つけ麺らしく
魚粉でブーストして課長してしまったが
多分、塩分自体はさほど上がってないはず。
むしろ感じ方は変わるかもしれない。
さらに砂糖と三温糖、七味唐辛子と検証には向かない構成。
IMG_0268_20130303174643.jpg
おいおい・・

感想
約1.29%の塩分濃度のスープはしょっぱくもなく、薄くもなく
言うならば絶妙!

これを人は


バランスが良いと言う!



ってか普通に
醤油だけのタレだけども


うめぇ~し。


こうなると今までのイマイチな出来だったのは、軸となるタレとスープの配合が
美味く逝ってなかったと言えよう・・

まあ、個人的にはつけ麺と言うこともあるがもうちょっと
しょっぱい方が好みかなとも思えました。
自分の地域はショッパイ好みのような気がします。


こりゃ本気でこの計算できちんとタレもスープも完成すれば
行列店に近い絶妙な味になるかも知れない!


ということで検証結果


十分使えると判断できました。

暫くはこの計算で作って行きたいと思います。
関連記事